【女性でもできる!】営業方法と新規開拓3選

こんにちは!Yukariです😊

記念すべき第一回のテーマは『弊社の営業方法、新規開拓方法』です。

まずはこちらのツイート

私は約3年前に独立をして、フリーランスで仕事をしています。

仕事をするためには【契約】を取らないといけません。

他の人が(個人)どうやって仕事を獲得しているのか知りたいですよね!?

私は持病(子宮内膜症)を患っているので、健康な人と同じように働くことはできず、そしてコロナ。思うように営業できない方もいると思います。

独自で考え出した方法ですが、契約に繋がっているのでご紹介します。

ちなみに自分の人脈をほとんど頼りにしていません。

独立当初は少しだけありましたが、それまでの人間関係はやはり過去のものです。いつまでも視野が広がらないし、新たな出会いがなくなりそうで、自分で切り開いてきました。大変ですがそのほうが達成感もハンパなくあるし、どんどんブラッシュアップもできて、とてもおすすめです。

実際に契約を獲得してきた方法

  1. ビジネスマッチングサイトの活用
  2. SNSの活用
  3. 飛び込み、テレアポ営業

この3つをやっています。実際にやってみての契約数やメリット/デメリットをご紹介します。

1.ビジネスマッチングサイトの活用

私の場合は最低でも月1件以上の依頼が来ます。

一気に数件依頼が来るときもありますし、プロフィールと経歴をしっかり作りこむだけなのでそこまで難しくありません。

<メリット>

  • しっかりとした内容や企業とのマッチングが可能
  • 大手や有名企業からの依頼も来る
  • 間に運営会社がいることの安心感(契約時の交渉、報酬の振込など)
  • 双方の信頼感が高い
  • 個人で営業に行っても門前払いだが、ここでは双方安心して契約できる

マッチングサイトを使っている人は情けないとか恥ずかしいとか言う人がいますがそんなの無視!おそらくこう言う人は上手くいかなったか、実際に活用したことがないんだと思います。気にしないでむしろ活用したほうが良いです。

★★ポイントは、自分の経歴を全て棚卸しし(職務経歴書を書くように)、そのあとに読み手にわかりやすいようにまとめていくことです。

2.SNSの活用

SNSと呼ばれるものはほとんどやりました。全てを更新していくのは大変なので、自分がやりやすいものや、反応が良いものに絞って更新しています。私はTwitterをメインにやっていますのでTwitterについてお伝えします。

Twitterを始めてから、依頼がかなり増え、依頼したきっかけをお客様に聞くと「Twitterを見ました」と言ってくれる方が多くなりました。

<メリット>

  • Twitterは拡散力が高いので自分や自社をアプローチするのには最適
  • 機能がシンプルなため、思ったことをすぐに更新できるスピード感の早さ

<<1年間1ツイート以上必ず更新した結果>>

いいね、フォロワー数は第一優先で関係ないことがわかりました。

重要なのは、【ツイートの内容】です。

私が成果を出すために意識しているツイートの作り方は、

  1. 仕事内容、想い、人間性のわかるもの
  2. 思ったことをまずはメモ機能を使って書き出してから文章を作り直す
  3. ツイートする前に声に出して読む

この3つはとても効果があります。

★★ポイントは、Twitterの更新を【仕事の一環】として真剣に取り組むことです。

3.飛び込み、テレアポ営業

コロナ前はよくやっていて手応えはありましたが、やっぱり大変です。

私の場合は、100社営業して数社の営業や契約に繋がるという状況でした。

営業をして得たものは沢山ありますが、正直非効率な部分もあります。そして個人だと相手にしてくれないことも多いので、やる場合はオフラインとオンラインを上手く活用した方が効率が上がります。

★★ポイントは、【折れない心】です。

営業の世界は【これが正解】というのはありません。

仕事に繋がればプロセスは自由。

自分の仕事内容をよく観察して、どの方法が最適なのかを選んだ方が良いと思います。

今はコロナの影響もあり、オフラインでは思うように営業がしづらくもなっていて、オンライン営業の重要性を日々感じています。今後はオンラインのみでも営業が成立できるように模索中です。

オンラインでの営業方法は以下がとても重要です。

・一回見たら忘れないほど印象的な(仕事できそうな)アイコン写真

・プロフィールをわかりやすく、信頼度高い内容

・SNSなどは毎日更新

・成功している人のマネをして、自分流にアレンジ

私はこれを常に意識して、たまに改善もしています。見てくれている人は必ずいるので頑張っていきましょう!!私も頑張ります!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました